素肌美人のカギはクレンジングにあり!!

キュレーション

素肌美人のカギはクレンジングにあり!!

素肌美人のカギはクレンジングにあり!!

2018年06月13日 メイク

メイク

2018年06月13日

素肌美人のカギはクレンジングにあり!!

綺麗に魅せたいと行っているメイク。きちんとオフしていますか??クレンジングを怠ってしまうとメイクが原因で肌にダメージを与えてしまっているかも・・・きちんとクレンジングをする大切さをまとめました!

素肌美人を目指すうえでかかせないものとは?!

thinkstock (47589)

素肌美人になるためにはクレンジングがとても重要な役割を担っています。

thinkstock (47585)

 

なぜかというと、メイクアップ化粧品は肌に密着させるために油性の成分を豊富に含んでいます。

汗や皮脂に耐久性を持ったものがほとんどのため、水やお湯で簡単に落ちることはありません。

何よりもメイクアップ化粧品には時間が経つと酸化する作用をもった成分も含まれています。

thinkstock (47592)

クレンジングを怠るとどうなるの・・・??

thinkstock (47594)

この酸化した化粧品と汗や皮脂などが交じって雑菌となり顔で繁殖します。

thinkstock (47604)

 

この雑菌が肌トラブルのもとにもなり、一日メイクオフしなかった顔は一年以上肌年齢が上がるといわれているくらい必要不可欠なものです。

だからこそ、忙しくても疲れていても10年後20年後の自分自身のためにメイクオフする時間を設けましょう!!

今の自分も大切ですが未来の自分も同じ自分で後悔しないように大切にしたいですね。

thinkstock (47605)

 

このため、メイクをした日はその雑菌や汚れをしっかりおとすためにクレンジングをして、メイクアップ化粧品の成分や油性の汚れを取り除きます。

スキンケアを正しく行う前に一番重要なことは爪を切り手を清潔にすることから始めます。

thinkstock (47581)

 

しっかり汚れを落とそうとしているのに直接肌に触れる手が汚くては本末転倒です。

その汚れた手から肌が一層汚れる結果になってしまいます。

爪が長いことも良くありません。伸びた爪に汚れが入り込みます。
thinkstock (47603)

 

ウォータープルーフなど落としにくいものを使っている場合はクレンジング前にそこをきれいに取り除き、乾いた手のひらに液体を乗せて皮脂の多い部分から順番に汚れを取り除いていきます。

この時に気をつけるクレンジング方法は肌への負担軽減のため、内側から外側に向けて一方向で行うことが大切です。

thinkstock (47601)

 

これに気を付けて洗うことで年齢を隠せない顔のたるみやシワを防ぐことが出来ます。

そして、すすぎ残しも肌の老化の原因となるためすすぎ残しのないようにしっかりすすぎます。

洗顔には、きめの細かい泡が重要です!!

thinkstock (47578)

 

そして、すすぎ残しも肌の老化の原因となるためすすぎ残しのないようにしっかりすすぎます。

美肌を目指すならば、美容のために洗顔料をしっかり泡立てて泡だけで洗うイメージで行います。

gettyimages (47575)

 

この時、泡のついた手が肌に触れることのないように手は浮かせた状態で洗います。

こうすることで肌の負担がなくなるし、きれいに洗顔をすることが可能になります。

洗顔ネットを使うとより効果的で、きめの細かい泡を簡単に作ることが出来ます。

thinkstock (47577)

 

これも先ほどと同様きれいにすすぎます。どちらもごしごしすすぐのは絶対にしてはいけない理由は肌を悪くする原因となるためです。

洗い終わってからタオルで顔を拭きますが、これもやめておいたほうがいいです×

なぜならば、いくら毎日洗ってあるタオルでも完璧に汚れを落としているわけではないからです。

thinkstock (47611)

 

この汚れたタオルで顔を拭くということはきれいに汚れを取り除いた顔にまた汚れを上乗せする結果になってしまいます。

一番効果的な方法はティッシュペーパーで水分を拭きとることです。

thinkstock (47596)

 

これなら毎回新しいもので顔を拭くことが出来るので非常に役立ちます。

クレンジングの大切さを再認識して、素肌美人を目指してくださいね♡

元のページを表示 ≫

関連する記事

『キレイ』も、『恋』も、『マネー』も。 〜 "綺麗になりたい"大人女子のまとめサイト 〜

『キレイ』も、『恋』も、『マネー』も。 〜 "綺麗になりたい"大人女子のまとめサイト 〜

fb